月別記事

固定ページ

サイト概要

 マンション管理士及び管理業務主任者の受験体験を基にして、両資格の学習方法、重要論点、合格に向けた考え方について研究しています。

催告とは

催告の定義

 催告とは、制限行為能力者と取引した相手方が、法定代理人或いは本人に対して、一か月以上の期間を定めて、追認するか否かの確答を求めることです。

催告して確答がない場合の効果

 催告する相手によって確答が無い場合の効果が異なります。

 未成年者或いは成年被後見人の法定代理人に対して、催告し確答が無い場合、追認したものとみなされます。理由は、取り消そうと思えば取り消せるのに放置した場合は、消極的であっても未成年者或いは成年被後見人の行為を認めることになるからです。

 無権代理が行われた場合の、本人に対して、催告し確答が無い場合、追認拒絶とみなされます。理由は、無権代理人の行為は、原則として本人に対して効力を有しないからです。

催告に関する間違い事例

 間違い事例として、未成年者或いは成年被後見人の法定代理人のケースが追認とみなされたので、そのことが頭に残っていて、無権代理をされた本人のケースも追認としてしまうことがありました。

You must be logged in to post a comment.