月別記事

固定ページ

サイト概要

 マンション管理士及び管理業務主任者の受験体験を基にして、両資格の学習方法、重要論点、合格に向けた考え方について研究しています。

マンション管理士試験とは

前提法律と実施機関

 マンション管理士試験とは、「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」に基づき、マンション管理士となる資格を有するかどうかを判定する国家試験です。国土交通大臣が指定する試験機関である、「財団法人マンション管理センター」が実施します。

受験申込から合格発表までの流れ

 申込から受験、発表までの流れは以下のようになります。

  • 受験案内・申込書配布機関:8月初旬から9月末まで。
  • 申込受付期間:9月初旬から9月末まで。
  • 申込締切日:9月末。
  • 受験票の発送:11月初旬。
  • 試験日:11月下旬の日曜日。
  • 合格発表:翌年の1月中旬。

試験概要

受験資格

 本試験は、年齢、性別、学歴、国籍、経験等は一切問いません。誰でも受験出来ます。但し、マンション管理適正化法に記載された不適格者に該当する方は、マンション管理士として登録することは出来ません。

出題範囲

  • マンションの管理に関する法令及び実務に関すること
  • 管理組合の運営の円滑化に関すること
  • マンションの建物及び附属設備の構造及び設備に関すること
  • マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること

 受験手数料

 受験料は9400円です。(2009年時点)

試験の実施方法

  • 50問4肢択一による筆記試験です。試験の一部免除者については45問となります。
  • 全国の8試験地において、同一の問題で同時に行います。
  • 試験地は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市です。
  • 解答方式は、マークシート方式です。
  • 参考書等の参照、計算機類の使用は出来ません。
  • 試験時間中の途中退出は出来ません。

最新の試験情報は、財団法人マンション管理センターのサイトを参照下さい。

You must be logged in to post a comment.